スポンサードリンク
       
       


ダスト&スクラッチのコツ

ダスト&スクラッチの効果的な使い方を動画で解説します。

フォトショップで良く使うフィルタの一つかもしれません。
ダスト&スクラッチは、文字通り、ゴミや傷を消すためのフィルターです。

私はフィルムをスキャンするときに、ほこり除去的な機能は使いません。
ゴミじゃないものまでつぶされてしまうこともあるからです。
なので、面倒でも自分の目で確認しながら、ひとつひとつゴミを消しています。
ダスト&スクラッチを使うこともあります。

下の動画のようにレイヤーを複製して、それにダスト&スクラッチをかけて、マスクでゴミの部分だけ適用。




半径と、しきい値というパラメーターがあります。

半径は、どのくらい効果をかけるか。
しきい値は、どのくらいのコントラスト差のところにかけるかです。

しきい値がわかりにくいのですが、ゴミは、空とかに白く(ポジの場合は黒)くっついてたりします。
当然ゴミと空とは色が違います。

フォトショップは、どれがゴミでどれがゴミじゃないかなんて分からないので、コントラストでどこにかけるか決めるのです。

しきい値がゼロだと、全体にまんべんなくフィルタがかかります。
しきい値を上げていくと、コントラスト差があまり無いところにはダスト&スクラッチの効果がかからなくなっていきます。

うまく説明できてない気もしますが、動画のように、ゴミが消えるまで半径を上げて、フィルムの粒子が戻るまでしきい値を上げればうまいこといきます。

このとき、大きめなゴミはあるていど無視してしまうのがコツです。

無理にダスト&スクラッチで消そうとせずに、あとで修復ブラシとかで消したほうがいいです。

ちなみにデジカメのCCDのようなぼけたゴミは、ダスト&スクラッチは適しません。

あと、ネガをスキャンした場合、ゴミが白いので、空とかの明るい部分のゴミをとるときは、調整レイヤーで、トーンカーブで暗くしておくとゴミが分かりやすいです。
あとでそのトーンカーブは捨てましょう。

ダスト&スクラッチを、うまくかけて、粒子が潰れないようにしておけば、マスクもだいたいでOK。
なんなら、空を全部選んでしまっても大丈夫です。

100%表示で行なってください。

動画では、「x(エックス)」で描画色と背景色(白と黒)を入れ替えてブラシの色を入れ替える技?もつかってます。

修復ブラシは、マスクじゃなくて、画像を選択。

きれいにできたら、統合。

統合してからの方がとりやすいゴミとかは、統合してから修復ブラシなどで。

統合してしまうと、後でなおすのが大変なので、きちんと100%表示ですみずみまで見て、画像が変になってないか注意。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。