スポンサードリンク
       
       


マスクに使うグラデーションツール

フォトショップのグラデーションツールは、マスクでよく使います。
綺麗な模様が作れたりするのですが、写真のレタッチの場合には、マスクにグラデをつくるときに出番が多いです。

空を焼きこんだりするときのマスク。
周辺の露光不足を補ったりするときのマスク。

逆に言うと、写真のレタッチでは、マスク以外では使わないかもしれません。

普通に直線にグラデーションをひくのが一番よく使うと思います。
あとは放射状にひくやつもたまに使います。
始まりの点と、終わりの点を決めると、グラデーションがひかれます。

主に描画色から背景色へのグラデーションをひくツールですが、
虹色とか、いろいろできます。

普通だと、グラデをひく度に上塗りされてしまいますが、透明になるやつを選ぶと、動画の通りになります。



例えば、空を選択して、マスクを作って、透明になるグラデをひいたり。
けっこう使えます。

マスクは、あまり細かくつくっていくと、けっこう手がかかります。
うまくやれば、グラデーションツールなどでだいたいのぼけたマスクでも、きれいにできるものです。

「手間をかけずに綺麗に」を目指しましょう。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。