スポンサードリンク
       
       


プロファイルの指定と変換の違い?

プロファイル指定変換って何が違うの?

photoshopのバージョンによってメニューの場所は違いますが、編集のところに、プロファイルの指定と、プロファイルの変換とが並んでると思います。

このプロファイルというのは、sRGBとか、adobeRGBとかっていうやつです。
色空間とか言われます。

デジカメの設定とかで、デジタル一眼レフなどでは、sRGBかadobeRGBか選べると思います。

sRGBに設定して撮ったデータというのは、sRGBで開くと、いい感じに表示されます。
adobeRGBは、adobeRGBで開く必要があります。

普通は、このデータはsRGBで撮ったよとか、アドビだよとか、データに埋め込まれています。

プロファイルを埋め込むとかって、photoshopで保存するときに出てくると思います。
(必ず保存するようにしてください。)

sRGBのデータを、adobeRGBで開いてしまうと、妙に派手になっちゃったりします。

撮影された正しい色味でなくなってしまうということです。
意図的にそうするのであればそれはそれでOKですが、基本的には設定されているカラープロファイルと同じプロファイルを割り当てなければなりません。

ややこしいですが、画像を、フィルターを通して見ていると考えるとわかりやすいです。

こんなイメージ↓
カラープロファイルの指定・変換
photoshopで画像を開くときは、必ず、このフィルターを通して見ています。

どのフィルターをデフォルトにするかという設定が、
編集→カラー設定の、作業用スペースというとこです。

カラーマネジメントポリシーは「埋め込まれたプロファイルの保持」にしといてください。

プロファイルの不一致:開く時に確認、ペーストするときに確認、
埋め込みプロファイル無し:開く時に確認、みっつともチェック。

RGBのとこを、自分のデジカメの設定に合わせましょう。
商業印刷では、adobeRGBが推奨されることが多いですが、一般的なスキャナや、モニターなどは、sRGBが標準です。

普通のモニターでは、adobeRGBの派手なとこの色は表現できません。
なので、私は普通にプリントする分には充分なsRGBをメインにしています。

インクジェットプリントの場合でも、adobeの方が黄色とかが、派手に出力できるので、必要に応じてadobeRGBも使っています。


で、やっと本題の指定と変換の違いについてです。

★プロファイルの指定
これは、フィルターを何にするかを指定することです。
元の画像はそのまま。
フィルターが変わるので、見た目が変わります。
(サングラスをかけて絵を見ると暗くなるけど、もとの絵が暗くなったわけではない)

★プロファイルの変換
sRGBのをadobeに変換すると、見た目は変わりませんが、フィルターはadobeに変わってます。
つまり、見た目を保つために、元の画像データがいじられています。
(サングラスをかけても、かける前と同じに見えるように、絵が明るく変更される)


なにかの拍子に、デジカメの設定が変わってしまって、adobeにsが混じっちゃったら、どうしたらいいでしょうか?

正解は、「sRGBをadobeRGBに変換する」です。
指定では、色がおかしくなってしまいます。

マッチング方法は相対的か、知覚的。
知覚的にしたら、色が変わってしまう場合には相対的に。

プロファイルの指定と変換。
ちょっと(かなり?)ややこしいですが、きちんと理解しておきましょう。
フィルターを通して見ているというイメージです。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。