スポンサードリンク
       
       


8bitと16bitトーンジャンプ(バンディング)

フォトショップでは、8bitの画像だけでなく、16bitでも、調整レイヤーなど、さまざまな機能が使えるようになりました。

8bitとは、2の8乗、すなわち、2×2×2×2×2×2×2×2=256 ですね。
16bitとは、2の16乗で、65536です。

8bitは真っ黒から真っ白までを、256の階調に分けた画像。
16bitは真っ黒から真っ白までを、65536の階調に分けた画像。
雲泥の差です。

イメージ→モードから、8bit、16bitへ変換できます。

256階調あれば、人間の目には綺麗に見えます。
でも、あまりになだらかなグラデーションなどでは、階調がなめらかに出ず、縞模様のようになることがあります。

このしましまを、トーンジャンプ、またはバンディングと言います。
(厳密には、出力する機械で発生するのがバンディングで、実データにあるのがトーンジャンプと言うようですが。)

空を、トーンカーブの調整レイヤーで変更して、ボケたブラシでマスクを選択したりした場合によく発生します。

ノイズを加えてトーンジャンプを消したりもできます。
逆に、デジカメの画像には、フィルムのような粒子が無いため、レタッチすればするほど、バンディング(トーンジャンプ)が出やすいです。


そこで、トーンジャンプをなるべく出さない小技。

↓この画像をみてみてください。
8bit-16bit[1].jpg
クリックして拡大して100%で見てください。

8bit画像の50%グレーの画像に、明るくするトーンカーブの調整レイヤーを乗せ、そのトーンカーブのマスクに、グラデーションをかけました。

そして、そのまま統合したものと、一度16bitに変換してから統合し、8bitに戻したものとの比較です。
分かりやすくするために、自動レベル補正をかけてあります。

一度16bitにしたほうは、8bitのまま統合したのに比べ、しましまがあまり発生していないことがわかります。

16bitで作業することで、画像の劣化を抑えると言われていますが、実際は、画像を統合するときだけ16bitにすれば、8bitであっても、ほとんど変わらぬ結果が得られます。

統合してから16bitにして、8bitに戻しても意味はありません。
16bitでトーンが調整されることで、256階調しかなかったものの隙間が、埋められるように広がるのだと思います。

あと、基本的には、(調整)レイヤーを統合するのは、完成してからの、最後の一回だけにしましょう。
これも画像の劣化を抑える基本中の基本です。

僕はアクションで、「16bitに変換→統合→8bitに戻す」というのをつくって使っています。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。