スポンサードリンク
       
       


PSDファイルの容量を軽くする小技

フォトショップ形式(PSDファイル、.psd)のデータ容量を軽くする小技を紹介します。
意外と知らない人も多いと思います。
アドビのデータベースから引用します。

B-2. [PSD ファイルの互換性を最大化] を無効にする
[PSD ファイルの互換性を最大化] オプションを有効にすることで、他のアプリケーションや下位バージョンの Photoshop との互換性を保ちますが、その一方で画像のファイルサイズを増加させます。他のアプリケーションや下位バージョンの Photoshop で開く必要の無いファイルは、互換性を最大にせずに保存することでパフォーマンスの向上につながる可能性があります。[PSD ファイルの互換性を最大化] オプションは [編集] メニューの [環境設定] - [ファイル] 管理で設定することができます。また、Photoshop CS では保存の際にオプション設定の確認メッセージを表示させることも可能です。



windowsとなってますが、macも同じです。

PSD形式(.psd)は、フォトショップで作業中のデータを、レイヤーとか、そのままで保存しておくものです。
昔と違い、今はTIFFでもレイヤーは保存できますが、圧縮のないPSDなら、開くのも保存するのも速いです。

フォトショップで作業中のデータをとりあえず保存しておくだけなら、PSD形式にしています。

互換性を保つと、レイヤーとかが開けないアプリケーションでも開けたりします。
これはなぜかというと、レイヤーを統合した状態のデータを、元のデータに付属させて保存しているからです。

レイヤーを開けないソフトで開く時には、統合されたデータを開くということです。

これは、自分のフォトショップでしか開かない場合には、無駄なデータだといえます。
当然丸々レイヤー1枚分データ容量が大きくなっているのです。

PSD形式(.psd)で保存するときは、おそらくみんな自分でしか開かないだろうから、互換性はオフにしておくことをおすすめします。

他の人に渡す場合にはその都度オンにすればいいでしょう。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。