スポンサードリンク
       
       


レタッチは錯覚に注意

フォトショップでのレタッチの手順というか、今回はそれ以前の話です。
まず、下の画像を見てみてください。

錯覚1

左右のマルの色は、どう見えていますか?
左の方が明るく、右が暗く見えると思います。
でも、実は左右の○は、同じ色なのです。


錯覚2

これは、鮮やかさが違ってみえませんか?


錯覚3

これは色味が違ってみえませんか?
左が青っぽく、右が黄色っぽく。

どれも左右の○は同じ色ですが、まわりの色の影響により、違った色と脳が認識してしまっているのです。
こうした錯覚は、日常でいつも起こっているのです。

フォトショップで画像の色をレタッチしようとしたときにも、こうした錯覚はおきます。
画像の中での錯覚はいいのですが、画像の外の影響を受ける錯覚は、排除しなければ、正しい色は出せません。

まず一番たいせつなのは、デスクトップピクチャーです。
よく、青空だとか、森だとか、綺麗な写真を背景にしているひとがいますが、これはよくありません。
写真をレタッチするのであれば、グレーにしましょう。
フォトショップで、50%グレーに塗りつぶしたものを背景にするといいでしょう。
すると、モニターの色の転びや、ムラにも気がつきやすくなります。

また、モニターだけでなく、目に入るところに、派手な色のものを置かないことも大切です。
モニターの向こう側に真っ赤なタンスがあったら大変です。

あと、意外とおろそかになりがちなのが、自分の服です。
あまり派手な色の服を着ているときには、グレーのパーカーかなにかを羽織った方がいいと思います。
プリントしたものの色をチェックする時など、意外と自分の服の色がうつったり、服からの反射した光の影響をうけたりしてしまいます。

まとめると、デスクトップは50%グレー。
目の入るところに派手な家具などを置かない。
着る服にも注意。

 

錯覚、錯視の世界は面白いですね。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。