スポンサードリンク
       
       


.eps(EPS形式)とは

Photoshop EPS(.eps) 使用頻度…DTPでは高い

EPS形式は、DTPでよく使われる形式です。
DTPとは、 (Desktop publishing デスクトップパブリッシング、またはDeskTop Prepress デスクトッププリプレス)の略で、卓上・机上出版を意味し、書籍、新聞などの出版物をパソコンを使って制作することで、パソコンを使った原稿の作成からデザイン、レイアウトなどを指します。

EPSは、簡単に言うと印刷用のデータです。
印刷機などでの出力では、もっとも安定した画像形式だといわれています。
Encapsulated PostScript(エンキャプサレイティッド・ポスト・スクリプト)の略で、PostScriptがベースになっています。
PostScriptとは、Adobeが開発したページ技術言語で、文字、数式で画像も表しています。
画像部分の記述をEncapsulate(カプセルに包んだ)したのがEPS。
数式なので、それを見てもなんだか普通の人にはわからないので、プレビューの画像がつけられるようになっています。

印刷用のデータを入稿する場合は、カラーモードCMYKでEPSにしてくださいと言われます。
印刷所から指定があるとき以外は、保存時のオプションは、モノクロ2階調の場合はMacintosh(1bit/pixels)、CMYKかグレースケールの場合にはMacintosh(8bit/pixels)、エンコーディングはバイナリにします。
バイナリで出力時にエラーがでるならASCIIに。
JPEGエンコーディングは、画像が軽くなり便利ですが、印刷所によっては出力できるところとできないところがあるので注意です。
その他のオプションのハーフトーンスクリーンを含める、トランスファ関数を含める、ポストスクリプトカラーマネジメント、ベクトルデータを含める、画像補間方式、は、いずれもオフにしましょう。

印刷所に確認して指示に従うようにしたほうがよいですが、実際確認できない場合も多いので、無難な設定にしたほうがいい場合がほとんどです。
CMYKプロファイルは、まだ埋め込むと印刷できないところも多いようなので、埋め込まないようにしましょう。

DTPで使える画像形式としては、EPSの他にTIFF、Photoshop DCS 1.0、Photoshop DCS 2.0があります。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。