スポンサードリンク
       
       


.bmp(ビットマップ形式)とは

ビットマップ(BMP)形式(.bmp) 使用頻度…低
○○.bmpっていうやつですね。

 まず、広い意味でのビットマップ画像というのもあります。
 これは、点(ピクセル,ドット,ビット)でできた画像データのことで、要するに画像を点の集まりで表現したものです。
Photoshopで扱うデータは、ピクセルで出来ていますので、基本的にビットマップ画像ということになります。
 それに対して、イラストレーターのデータで、ベクトル画像というのがあります。
線の始まりの位置、曲線の曲がり方、終わりの位置、線に囲まれたところの色、色の変化のしかた、などを数値で表します。
ビットマップ画像は、拡大すればするほどその点が拡大されるので、ギザギザに見えてきます。
ベクトル画像は、いくら拡大してもギザギザになりません。拡大、縮小、変形を施しても、基本的に画像が劣化することはありません。
しかし、写真のような画像を線や面を抽出して数値に表すのは難しく、ロゴなどのデザイン的な画像などで使われます。文字のフォントをベクトル画像にしたのがアウトラインフォントです。

 前置きが長くなりしたが、ではPhotoshopの保存形式のひとつのBMPとはなんでしょうか。
BMPは、Windows bitmapとも言われ、Windowsが標準でサポートしている画像形式です。
BMP形式での保存時のオプションで、ファイル形式をWindows標準かOS/2を選択しますが、これはもともとBMPが、マイクロソフトとIBMが、WindowsとOS/2に別れる以前に共同で開発されたものだからで、何度か行われた細部の変更により、WindowsとOS/2では微妙にBMPの形式が異なることがあるためです。
もしBMP形式で保存する場合は、Windows標準が選択されたまま、余計なオプションをいじらないようにすればいいでしょう。
ですが、Photoshopでレタッチした画像をBMPにする必要はまずないと思われます。
レイヤーなども保存できません。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。