スポンサードリンク
       
       


.psd(photoshop形式)とは

Photoshop形式(.psd) 使用頻度…高
○○.psdとかっていうやつです。

Photoshopの標準的なファイルの保存形式です。
フォトショップを使っている人にはおなじみですが、持っていない人は、見たこともないかもしれませんね。
Photoshopで行なったすべてのレイヤーなどの効果が保存できます。
レイヤーやレイヤーマスク、レイヤーの合成モード、アルファチャンネル、テキストレイヤー、調整レイヤー、パスなど、再調整できる機能はそのまま残せます。
Photoshopで作業中の状態から、そのまま再開できるということです。
といっても、さすがにヒストリーは保存できませんので、ヒストリーで戻ったりする必要を無くしてから保存しましょう。

実は若干可逆圧縮(保存するときに圧縮するけど、開くと全部元通りになる)されます。
真っ白いデータをPSDで保存してみると分かりやすいと思います。保存されたデータ容量はとても軽くなっているはずです。

Adobeのオリジナルの保存形式のため、Adobeのアプリケーション(イラストレーターなど)では開けますが、通常の他のビューワーでは開けないことも多いです。
他の人にデータを渡す必要があるときは、相手がPhotoshopを持っているか確認した方がいいでしょう。
持っていない場合には、レイヤーなどを統合して、TIFFやJPEG形式などの他のアプリケーションで開ける状態にして渡す必要があるので注意です。

作業途中でとりあえず保存しておくという用途が一番多いのがPSD形式ということです。
こまめに保存しておけば何かあっても安心ですね。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。