スポンサードリンク
       
       


Photoshopと保存形式

Photoshopの保存形式について説明します。
画像データには、様々な保存形式があります。

windowsならBMP(ビットマップ)形式、MacならPICT形式、WEBでお馴染みなのはJPEG形式・GIF形式、デジカメで高画質なTIFF形式など。
○○.bmpとか、○○.pctとか、○○.jpgとかってファイルのお尻に三文字のアルファベットがついてたりしますよね?
それが、そのファイルがどんな保存形式で保存されたものなのかの目印で、拡張子と言われるものです。これを書き換えるとファイルが開けなくなることもあります。

Photoshopの標準の保存形式はPSD。Photoshopのすべての効果(レイヤーなど)が保存できます。
それぞれに特徴があり、必要に応じて使い分けがされています。
普段自分で画像データを保存しないのなら、それほど気にすることはないと思います。WEBでも勝手に表示されますし、メールに添付された画像も、保存形式を気にすること無く見ているでしょう。

ですがPhotoshopを使うということは、当然、実際に自分で画像データを保存するということ。どの形式で保存すればいいのか、知らないと困ったことになるかもしれません。

画像データを自分だけで使うのなら、とりあえずPSD形式で保存しておけば問題はありません。

PhotoshopCS2で、保存形式を見てみると、こんなにあります。

Photoshop
BMP
CompuServe GIF
Photoshop EPS
JPEG
PCX
Photoshop PDF
Photoshop 2.0
PICT ファイル
PICT リソース
Pixar
PNG
Portable Bit Map
Scitex CT
Targa
TIFF
ビックドキュメント形式
凡用フォーマット
Photoshop DCS 1.0
Photoshop DCS 2.0


何がなんだかわかりませんね。でも実際に使うのはごく少数なので、安心してください。
これから、Photoshopで対応している画像の保存形式について細かく解説していきます。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。