スポンサードリンク
       
       


低コスト、高品質なインクジェット用紙

インクジェット用紙の選び方はいろいろありますが、紙の専門店、松本洋紙店を紹介します。





低コストなのに高品質!松本洋紙店の紙


Photoshopに欠かせないインクジェット用紙や、カラーレーザー用紙の専門店です。
価格もそうですが、驚くのはその用紙の種類ですね。8000種類以上の紙を業者直売しています。純正にこだわらないのであれば、普段は安い紙で出費を抑えるのも一つの方法です。
自分のプリンタで出力するとどんな感じか、サンプルを取り寄せて試せるのと、1mm単位でA0サイズまで裁断してくれるのがいいですね。

もちろんいつも純正にこだわるのもありです。
個人的には、普段使いには、コニカのペーパーが安くて品質も良かったので利用していましたが、無くなってしまいましたね。
記念写真や友人へのプレゼント用なら、わざわざ高い純正ペーパーを使う必要はないです。もちろん気に入れば本気のプリントにも使って問題ありません。

エプソンやキヤノンなら、綺麗に出力できるでしょう。HPは、純正紙以外ではあまり綺麗に出力できないイメージがあります。

HP PhotoSmart Pro B9180であれば、カラーマネージメントの機能がついているので、綺麗に出力できると思いますが。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。