スポンサードリンク
       
       


そのビットマップファイルは安全ですか!?

Adobe Photoshop CS2で、でどころの分からないビットマップファイルを開くのは少し待った方がいいかもしれません。

フォトショップの最新版に存在するセキュリティ脆弱性を悪用したエクスプロイトコードが登場したと、あるセキュリティ調査会社が報告しているそうです。

 Secuniaが米国時間4月25日に発表したセキュリティ勧告によると、このセキュリティ脆弱性は、Adobe Photoshopの「Creative Suite 3」(CS3)と「Creative Suite 2」(CS2)に影響を与えるという。Secuniaはまた、この脆弱性を5段階評価で2番目に危険度高い「きわめて深刻(highly critical)」としている。


Photoshopが「.bmp」「.dib」「.rle」などのビットマップファイルを処理する方法を利用して攻撃することが可能というものだそうです。
悪用すれば、システムを乗っ取ることも可能という恐いものです。

Adobeでは、このビットマップファイルに対するPhotoshopの潜在的な脆弱性のことを認識していて、調査中とのことなので、しばらくは怪しいビットマップ形式のファイルは開かない方がいいでしょう。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。