スポンサードリンク
       
       


05 EPSONスキャン動画解説(ネガ)

Photoshopで、EPSONのスキャナを使ったネガスキャニングの動画解説です。
文章と画像では分かりにくかったかと思い、一応動画をつくりました。
小さくて分かりにくいかもしれませんが、流れはわかるかと思います。

詳しい解説はフィルムスキャニングの手順01〜04をご覧ください。


EPSONスキャン手順

最初は自動調整がかかった状態です。絵柄の見た目としては綺麗ですが、白が飛んで、黒は潰れてしまい、ネガの情報を最大限に活かしているとは言えません。
それをヒストグラム調整(photoshopで言うレベル補正)でネガの情報をすべて拾うようにして、濃度補正(photoshopで言うトーンカーブ)でコントラストと色を調整しています。
最初の絵柄から比べると、コントラストが低く、眠くなっています。場合によっては彩度を少し上げてからスキャニングするといいでしょう。

スキャニングの目的は、ネガの情報をすべて吸収することなので、コントラストが低くなったり、色が若干転んだりしても問題ありません。(と言っても、なるべく目的の色に近づけましょう。あまり色が違い過ぎると、補正したときに画像が汚くなる場合もあります。)
ネガの情報を100%活かせていれば、あとはフォトショップで調整していけばいいのです。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。