スポンサードリンク
       
       


Adobe Photoshopとは何か?

Adobe Photoshopとは何なのか?
このサイトをご覧の方は、フォトショップとは何か当然ご存知かと思いますが、一応書いておこうと思います。

「Adobe Photoshop」は、「アドビフォトショップ」と読みます。
Adobe Systems社の画像編集アプリケーションソフトのことです。
フォトレタッチソフトと呼ばれる、画像データを調整するソフトです。

画像に対して特殊効果を施したり、色などを調整するなどの編集をすることが主な機能で、描画機能も多彩で、とても多機能で使い勝手も優れていて、愛用者はとても多いです。
写真学校などでも必ず習います。
けれど個人向けソフトとしては高い(10万円!)ので、機能を限定したPhotoshop Elementsという廉価版も発売されています。

画像処理ソフトウェアとしては、他にもPaintShopPro、GIMPなどのソフトウェアがありますが、Photoshopは商業印刷や画像編集など、出版や印刷、デザインなどの分野において利用実績が多く、事実上世界標準のフォトレタッチソフトとなっています。

高価なフォトショップに代わるソフトは無いのかというと、GIMPはフリーソフトでありながら、基本的にフォトショップとほぼ同等と言ってもいい機能を備えていますが、CMYKカラーをネイティブサポートしていないなど、カラーマネージメントが不十分であり、プロの用途には向きません。
また、廉価版のPhotoshop Elementsは、肝心のトーンカーブ(プロが一番よく使う機能)が無いなど、思い通りのレタッチは厳しいでしょう。

  

ということで、本気でパソコンで写真をレタッチしたいのであれば、Photoshop以外の選択肢はありません。

次回はそんな高価なPhotoshopを安く買う方法を書こうと思います。

 スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。